松阪牛とは?

松阪牛は、読み方はまつさかうし、もしくはまつさかぎゅうです。

三重県の松坂市もしくはその近くで育てられた牛のことです。

牛は、黒毛和種で講師の頃に全国から購入され育てられます。

ですので、松阪牛品種のことではありません。

松阪牛は日本三大和牛のうちの一つとされています。

2002年の8/9からは、松阪牛の全部が高級銘柄の牛肉でしたが、今ではこの地域で育てられた牛ならすべてが松阪牛ということになりましたので、全て高級銘柄というわけではなくなりました。

一応独自の基準での格付けがあります。

松阪牛のうち金のものが肉質の等級が5のものになります。

銀の者は、肉質の等級が4のものになります。

松阪牛は有名ですので、その為か産地偽装が多いようです。

ですので、松阪市などで松阪牛の定義を設けて、管理システムを使うことで、松阪牛には証明となるシールを張られているようです。

更に個体識別番号も利用して、情報を検索できるなどの対策がされているようです。

松阪牛は生産者から申請をされ、三重ブランドの中のひとつとなっています。

最近では松阪牛は食肉だけの利用ではありません。

皮革加工品の材料としても使われています。

時計バンドのメーカーのバンビ、寺門ジモンなど、ブランドがたちあがっているようです。

松阪牛を使用した財布や時計のバンドなどが生産され販売されているようですよ。

更に正規品には、固有識別番号が入っていますので、食肉と同じようにきちんとした証明があるようです。