松阪牛の生産

松阪牛は、全国から子牛を購入して、松阪市もしくはその近くで3年ほど飼育をするようです。

その際は、牛舎で育てられ穀物を食べさせます。

松阪牛は放牧をすることはないようです。

一部の松阪牛はビールを飲ませられることがあるようです。

これが何故かと言いますと、肥育の際に末期に摂取量が落ちてしまうようでこれは食い止まりといいますが、その現象に対応するためのものです。

ビールをの焦ることで、胃の中の発酵した状態を改善してくれますので、食欲が増えるのです。

その為、ビールを飲ませることで肉付きがよくなるのです。

何故牛にビールを飲ませようと思ったのでしょうか。

実は三重県には下戸の人が多いようで全国一なほどです。

何と、三重県の人の中の53パーセントほどの人が下戸だそうです。

ですので、牛にビールを飲ませて晩酌の気分をしてもらおうと飲ませてみたようです。

そこで、ビールを飲ませた松阪牛の肉質がとてもよくなったので、ビールを飲ませることになったようです。

更に獣医学でも、優れていることがわかったようです。

松阪牛は生産農家が中心となって、130会員がいる松阪牛協議会を作成し、生産振興や産地偽装がなくなるように、松阪牛がより安全で安心な牛肉になるよう、ブランドの価値が維持されるよう活動をしていっているようです。

また松阪牛には、固体情報や農家情報を個体識別管理システムにためられていきます。

農家情報は、農家名や牛の出生地、肥育した日数、肥育場所など様々な情報が含まれています。